国保小見川総合病院  
   
 

ホーム > その他の科、部署 > 薬剤科(病棟での活動内容)

トップページ
病院案内
診療案内
診療科紹介
その他の科、部署
看護部
薬剤科
放射線科
中央検査科
リハビリテーション科
臨床工学科
栄養課
介護保険事業部
院内感染対策委員会
リスクマネジメント委員会
褥瘡対策委員会
臨床検査適正化検討委員会
看護専門学校
月間インタビュー
薬剤科(病棟での活動内容)
薬剤科のご案内 学生実習、薬剤科見学 医療関係者向け情報 その他の薬剤科情報 薬剤科へのご意見はこちら
前のページへ戻る

薬剤管理指導(病院での活動状況)

入院した患者様へのインタビュー

インタビューの前には、カルテ等により患者さまの情報収集を事前に行います。(なぜ入院したのか?現在当院で処方している薬は?血液検査の値などから肝・腎機能のチェック・・・などです。) そして、患者さまのベッドサイドに行きます。 投薬歴、薬・食品などの副作用・アレルギー、身長/体重、服薬管理状況、既往歴、輸血歴など薬に関わることを細かく教えていただきます。
これは、医師・看護師等も同様の事を行います。 しかし、職種により同じ事を教えていただいてもチェックするポイントが少しずつ違います。多少の煩わしさは有りますが、積極的に教えてください。
事前の情報収集

入院時の服用の確認

入院後使用する薬との相互作用等のチェックを行い、継続する薬・中止する薬を医師に確認します。また、病状によっても同様の確認を行います。
相互作用のチェック 医師への確認

処方箋による薬の監査・調剤

患者さまにとって薬が必要な時、医師が処方を書きます。 処方箋(注射薬にも処方箋があります。)により患者さまのための薬が用意されます。 内服薬も注射薬も全て薬剤師が行います。注射薬によっては、無菌的に調整することもあります。
調剤 ラベルには、簡単な薬の効果が印刷されている場合もあります。
処方のチェック
処方箋により、その薬が患者さまにとって適切な処方(用量・回数・飲み合わせ・過去の副作用歴等)かを、チェックします。チェックされた処方箋は、調剤(実際に薬を用意すること)にまわされます。

薬の配薬、施行

調剤された薬は、患者さまが薬の管理ができる場合はご自分で飲んだり、使ったりしていただきます。(結局、退院後の薬の管理は自分で行うからです。)
病状などによりできない場合は、看護師がそのつど配薬いたします。
注射薬は、ほとんどの場合医師の注射処方箋により、看護師が施行します。

処方された薬の説明

一般的には、最初に、薬(内服・外用・注射)を使う目的・変更理由・効果を患者さまにお話します。
つぎに、用法・用量(薬の量・飲み方・飲む回数・・・など)をお話します。
最後に、使用上の注意点(副作用を含む)をお話します。
質問は随時受け付けます。
患者さま本人が何らかの理由で説明を受けられない場合は、 家族の方にお話します。
薬の説明

薬剤使用中のチェック

薬剤使用中は、効果が十分か・副作用がないか・・・などのチェックを随時しています。 話を聞きながら、チェックをしています。
他のスタッフより情報収集をしたり、検査結果などにより、効果・副作用を判断することもあります。

退院時の薬の説明

お持ち帰りいただく薬の、説明書を患者さまに渡しています。
医療スタッフがいないご家庭で、自分の薬の管理が適切にできるように説明をさせていただきます。
薬の説明書
例えば・・・
この痛み止めの薬は、痛い時だけ飲むようにして下さい。
痛み止めだけを飲むと人により胃腸障害(胃が荒れて、ムカムカしたり、食欲が落ちたりすること)が起きることがあるので、予防のためにこの胃薬を一緒に飲んで下さい。
だいたい6時間から8時間の時間をあけて服用するようにして下さい。

ご不明な点があったら・・・

電話で、いつでもご連絡ください。
土・日曜・祭日以外の午前8時30分〜午後5時15分の時間内であれば、必ず対応いたしております。

国保小見川総合病院 薬剤科
TEL:0478-82-3161(代)
前のページへ戻る
 
  このページのトップへ  

  個人情報保護法に関して | 職員募集のお知らせ | 交通のご案内 | よくあるお問合せ  
    香取市東庄町病院組合 国保小見川総合病院
  〒289-0332 千葉県香取市南原地新田438番地1 TEL:0478-82-3161(代) FAX:0478-83-3032