国保小見川総合病院  
   
 

ホーム > その他の科、部署 > リハビリテーション科

トップページ
病院案内
診療案内
診療科紹介
その他の科、部署
看護部
薬剤科
放射線科
中央検査科
リハビリテーション科
臨床工学科
栄養課
介護保険事業部
院内感染対策委員会
リスクマネジメント委員会
褥瘡対策委員会
臨床検査適正化検討委員会
看護専門学校
月間インタビュー
リハビリテーション科

当科/部署の紹介

施設基準

運動器リハビリテーション科(T)、脳血管疾患等リハビリテーション科(U)、呼吸器リハビリテーション科(U)

スタッフ

理学療法士:8名 作業療法士:1名 マッサージ師(技能講習修講者):1名 助手:1名

沿革

昭和30年 病院創設とともに物療室としてオープン
昭和56年 理学療法室と改称
昭和58年 「運動療法承認施設」に認定
平成元年 理学療法科と改称
平成5年 「理学療法 」「老人理学療法 」としての施設承認
平成8年 リハビリテーション科と改称
平成18年 上記施設基準承認。現在に至る。

リハビリテーションとは

社会復帰とも訳されていますが、その中には個人の生活上のさまざまな困難を減少させ再び家庭や地域社会、職業に適応できるように援助するという意味が含まれています。病院で実施されるリハビリテーションには、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、義肢装具療法などいろいろな治療がありますが、当院では、理学療法・作業療法を主体に行っています。

平成29年8月から地域包括ケア病床のリハビリテーションも提供しております。

理学療法とは

身体に障害をもたれた方に他動的にあるいは、自ら運動していただき、身体の機能や能力を改善、回復させるための治療方法です。また、杖や装具、車椅子の処方や改宅改修の相談も理学療法の分野です。

作業療法とは

身体に障害をもたれた方に手芸・工芸・軽スポーツなど様々な作業を用いて身体の機能・能力を改善・回復させ、自宅に戻られた時に安心した生活を送れる様お手伝いさせてもらっています。また復職の際、職業準備訓練も作業療法の分野です。

当院リハビリテーション科の特徴

  • 当院は、明るく広い訓練室を有しており、患者様が開放的、積極的に訓練に励まれるよう環境を整えています。
  • 訓練室以外にも、病棟訓練や屋外歩行などを実施し、二次的障害の予防や早期離床、実用的な日常生活動作の獲得に努力しております。
  • 必要な方には退院前にご自宅を訪問し、住宅改修の相談を含め在宅生活が快適にすごせるように援助しています。
  • 脊椎脊髄センターを開設し、脊椎・脊髄疾患の患者様を多く受け入れています。

対象疾患

 整形外科・脊椎脊髄センター : 骨折、筋・関節疾患、脊椎・脊髄疾患など
 内科系 : 脳血管疾患、パーキンソン病など
 外科系 : 開腹・開胸手術後の廃用性症候群など
 耳鼻咽喉科 : 顔面神経麻痺など

診療日 / 外来診療受付時間

月曜日〜金曜日 / 8:00〜11:30

なお当院では原則として、外来患者様は午前、入院患者様は午後の治療となっておりますが、患者様と相談のうえ午後の治療も可能な限り実施しております。
当リハビリテーション科では、少しでも患者様のニーズにこたえられるよう努めております。

問い合わせは、ご遠慮なくスタッフまでお尋ね下さい!! 0478-82-3161 内線390
 
  このページのトップへ  

  個人情報保護法に関して | 職員募集のお知らせ | 交通のご案内 | よくあるお問合せ  
    香取市東庄町病院組合 国保小見川総合病院
  〒289-0332 千葉県香取市南原地新田438番地1 TEL:0478-82-3161(代) FAX:0478-83-3032