国保小見川総合病院  
   
 

ホーム > その他の科、部署 > 中央検査科

トップページ
病院案内
診療案内
診療科紹介
その他の科、部署
看護部
薬剤科
放射線科
中央検査科
リハビリテーション科
臨床工学科
栄養課
介護保険事業部
院内感染対策委員会
リスクマネジメント委員会
褥瘡対策委員会
臨床検査適正化検討委員会
看護専門学校
月間インタビュー
中央検査科

各検査機器|検体検査室

全自動尿統合分析装置:ア-クレイAU4050

測定項目

定性

pH 比重 色調 混濁 蛋白 糖 ケトン体 ウロビリノーゲン ビリルビン 潜血反応 白血球 尿沈渣 白血球 赤血球 尿路上皮 尿細管上皮 細菌 赤血球形態 等

尿定性試験とは糖、蛋白、ビリルビン、ケトン、潜血、白血球等を調べ、定量検査は尿中に含まれる細胞等を顕微鏡で観察する方法(尿沈渣)を言います。 尿の結果からは、腎臓の機能、膀胱の状態、肝臓の機能などを知ることができます。

多項目自動血球分析装置:シスメックス XN-1000

測定項目

  • 赤血球
  • ヘモグロビン濃度
  • ヘマトクリット値
  • 白血球(好中球 リンパ球 好酸球 好塩基球 単球)
  • 血小板
  • 網状赤血球

貧血、白血病、出血傾向などの血液疾患や炎症の状態を、各血球を測定することでわかります。

自動血液凝固測定装置:シスメックスCA 1500

測定項目

  • PT
  • APTT
  • D-ダイマー
  • FDP
  • AT-V
PT:
経口抗凝固薬(ワーファリン)療法のコントロールとして測定しています
肝機能低下(主に肝硬変)か指標として測定しています
PT APTT:
術前検査として測定しています

全自動生化学分析装置:TOSHIBA TBA120FR

測定項目数 36項目

生化学検査は体液(血液、尿、腹水、胸水など)を使って行う検査です。体液中に含まれる酵素、糖質、蛋白などを調べれば各臓器の状態がある程度把握できます。

全自動化学発光酵素免疫測定装置:富士レビオ ルミパルスG1200

測定項目

  • 感染症:HBAg HBAb HCV HIV
  • 甲状腺:TSH FT3 FT4
  • 腫瘍マーカー:CEA CA19-9 AFP PIVKA PSA F-PSA
  • 心筋マーカー:BNP トロポニンI
  • ホルモン:C-ペプチド IL-6

感染症、ホルモン、腫瘍マーカーについて調べています。免疫検査は約60分程度時間がかかります。

全自動血液ガス分析装置:SIEMENS RAPIDPoint 500

測定項目

  • pH
  • CO2
  • O2
  • HC03
  • BS
  • Na K C1 Ca
  • Lac

主に呼吸状態を調べるため、動脈血を採取して、酸素、二酸化炭素、pHなどを調べます。

その他、検査項目としては

  1. 便潜血反応、溶連菌、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス、RSウイルス、マイコプラズマ抗原、妊娠反応、アンモニア、ヘリコバクターピロリ
  2. 腹水・胸水・髄液一般検査
  3. 関節液検査
  4. グラム染色、チールネルゼン染色
  5. 骨髄穿刺
  6. 寄生虫検査
  7. 細胞診、病理検査、一般培養検査、抗酸菌検査は外注検査としています。

輸血|検体検査室

輸血検査システム:オーソ Bio Vue

測定項目

  • ABO式血液型 Rh式血液型
  • 不規則性抗体スクリーニング
  • 交差試験
  • 直性クームス試験
  • 間接クームス試験

血液製剤の一元管理

血液製剤の安全な使用を目的とし、輸血検査と血液製剤の発注から保管、管理まで輸血に係る一連の業務を2014年から検査科で行うようになりました。当院では輸血管理料U、輸血適正使用加算を算定しています。

トップページへ戻る

 
  このページのトップへ  

  個人情報保護法に関して | 職員募集のお知らせ | 交通のご案内 | よくあるお問合せ  
    香取市東庄町病院組合 国保小見川総合病院
  〒289-0332 千葉県香取市南原地新田438番地1 TEL:0478-82-3161(代) FAX:0478-83-3032