国保小見川総合病院  
   
 

ホーム > その他の科、部署 > 院内感染対策委員会

トップページ
病院案内
診療案内
診療科紹介
その他の科、部署
看護部
薬剤科
放射線科
中央検査科
リハビリテーション科
臨床工学科
栄養課
介護保険事業部
院内感染対策委員会
リスクマネジメント委員会
褥瘡対策委員会
臨床検査適正化検討委員会
看護専門学校
月間インタビュー
院内感染対策委員会

感染対策委員会(ICC)とは? 感染対策チーム(ICT)とは?

感染対策委員会と感染対策チームって、お聞きになったことありますか?

 みなさん、感染対策委員会と感染対策チームって、お聞きになったことありますか?
 みなさんが、病気をして入院した際に病院の中で、別な病気(感染症)にかかってしまったら大変なことだと思います。つまり、入院中に入院となった病気以外の感染症にかかってしまわないように注意し、予防するための委員会とその実働部隊(実際に現場で、活動するチーム)のことです。
 感染対策委員会は、平成4年10月から。ICTは、平成17年4月から活動しています。

どんな仕事をしているの?

  1. 毎日、院内感染の原因となる感染症をチェックしています。
    毎日、検査室で出た感染症の結果を確認し、必要時、各病棟へ行き、カルテを調べて、各病棟の対応についてチェック・指導をしています。(各フロアごとにICTのメンバーが、必ず1名います。)
  2. 院内感染を減らすための方法を指導しています。
    日々、新しい感染症対策の方法、医薬品や医療材料について調査・勉強し、臨床の現場へ導入・説明しています。それにより感染対策の向上、コストの軽減を目指しています。
  3. 職員へ院内感染を減らすための方法を指導しています。
    職員への手洗いの励行の指導や危険性のある行為の是正・指導を行っています。
  4. 万一、院内感染が起きてしまったときの対応をしています。
    MRSA、インフルエンザやノロウイルスなどの院内感染が起きてしまったときにすばやく原因を究明し、拡大しないように対応し、早期鎮静化をめざして活動しています。
  5. 保健所への対応をしています。
    保健所へ届出義務のある感染症の患者様が、当院へ来院された際に保健所へ届出をしています。
    また、院内感染がおきてしまった場合にも必要に応じて保健所へ連絡し、指示を受けて対応をしています。
  6. 院外の病院・施設などと連携をとって“ネットワーク”を作っています。
    香取市内の病院・歯科医院・施設(養護施設も含む)の方々と連携をとり、医療圏を超えたネットワーク(名称は、感染対策ネットワークおみがわです。)を全国でも初めて、平成14年8月に発足しまして、現在も2ヶ月に1回(偶数月に)勉強会を開催して、意見交換をしています。(随時、連絡・相談を行っています。)

いつ、話し合っているの?

 月に1回、定期的な会議を開催しています。何か、問題があれば、臨時の会議を開催しています。休日でも対応しています。

実際に院内感染は、起きた事があるの?

 過去におきた事がございます。しかし、幸いにも大事に至らずに済みました。
 万一、何か起きた場合は、すぐに保健所へ連絡を取り、指示に従い対応しています。

▲感染対策委員会メンバー&感染対策チームメンバー
 
  このページのトップへ  

  個人情報保護法に関して | 職員募集のお知らせ | 交通のご案内 | よくあるお問合せ  
    香取市東庄町病院組合 国保小見川総合病院
  〒289-0332 千葉県香取市南原地新田438番地1 TEL:0478-82-3161(代) FAX:0478-83-3032