国保小見川総合病院付属看護専門学校
トップページ 学校概要 教育理念・目的・目標 教育課程 キャンパスライフ 募集要項
教育理念・目的・目標・方針
1.教育理念
 生命の尊厳と人間を尊重し、専門職業人としての倫理観と豊かな人間性を養うとともに、看護に関する専門的知識および技術を教授し、対象のニーズに応じた質の高い看護が実践できる看護師を育成する。
2.教育目的
 国保小見川総合病院付属看護専門学校は、専門職業人としての豊かな人間性を育み、地域住民の保健医療の向上および福祉の推進に寄与できる、質の高い看護師の育成を目的に設置されている。この目的をふまえて本校は、看護師として必要な知識および技術を教授し、生涯に渡った自己啓発と地域社会に貢献しうる看護実践者を育成する。
3.教育方針
  1. 生命を尊び、人としての権利とその人らしさを尊重して行動できる倫理観と、心豊かな人間性を養う。
  2. 人々の健康上の問題を解決するため、人との関わりを大切にしながら、科学的根拠に基づいた、安全で安楽な看護を実践できる基礎的能力を養う。
  3. 自らの生活能力を高め、地域住民の生活を支援する能力を養う。
  4. 看護職としての役割を認識し、変化する保健・医療・福祉社会の中で他職種と連携・調整できる能力を養う。
  5. 看護への探究心と向上心を身につけ、生涯にわたり主体的に学習し続ける能力を養う。
4.教育方針
 本校は、准看護師養成所又は、高等学校衛生看護科での学習内容をベースにし、科学的な思考と問題解決能力及び判断能力を強化するために、演習やグループワークを多く取り入れた学習方法を展開していくことにより、自己学習能力を高められるような学習体制を推進していく。
トップページへ
実習風景
授業風景
レクリエーションほか
環境・施設






このページのトップへ
Copyright(C)国保小見川総合病院付属看護専門学校