国保小見川総合病院  
   
 

ホーム > 月間インタビュー > 月間インタビュー(2009年4月号)

トップページ
病院案内
診療案内
診療科紹介
その他の科、部署
月間インタビュー
月間インタビュー
前のページへ戻る
『栄養サポートチームってご存じですか?』 取材: NST、褥瘡対策委員会 勝浦 誉介
入院患者さんの約40%が栄養不良!?
 一説には、日本の病院では入院患者さんの約40%が「栄養不良」といわれていることをご存知でしょうか。そして、「栄養管理はすべての治療の基盤」であり、「不適切な栄養管理は治療経過を悪くする」といわれているにもかかわらず、栄養管理がおろそかにされているという現状があります。
栄養サポートチームとは
 栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)とは、「栄養不良」の患者さんを見出し、評価し、栄養を中心としたサポートをするチームのことです。

本来の治療がより効果的になるように、医療スタッフが集い(当院では医師、薬剤師、看護師、栄養士、臨床検査技師が各部署より参加しチームを結成)実践し、研鑽しています。
それが栄養サポートチームです。

 さて、ここでいう「栄養不良」とは、単に痩せている、太っている、という事ではありません。太っている人でも、2週間程でも十分な飲食が出来なくなれば、相変わらず太っていても「栄養不良」状態に陥っていると推測されます。

それは、脱水やミネラル(塩など)・ビタミン・蛋白質・脂肪の欠乏などによって引き起こされる種々の状態も「栄養不良」と評価されるからです。
専門的知識の修得
 「栄養不良」を診断・治療するには多少の専門的知識が必要となります。
そこで、日本静脈経腸栄養学会が推進し、病院の機能として必須なものと評価されすでに多くの病院で稼動しているNSTの構成メンバーは、学会主催のセミナーなどに参加し、知識・技能・態度の修得に励んでおります。(日本静脈経腸栄養学会認定TNT受講医師:2名、NST専門療法師:7名)

 当院のNSTは平成15年より稼動しており、入院患者さんのもとへ医師、看護師、薬剤師はもとより栄養士、臨床検査技師も通うことで、「栄養管理の必要性」についてスタッフの理解が浸透しつつあります。


栄養課での工夫
 栄養課は限られた食材、各疾患別特別食など制限の多い中、入院患者さんに出来るだけ食べて栄養をとっていただけるよう、味の好き嫌い等を聞き取り制限内で病院給食に変更を加える工夫をしております。

サプリメント・経口栄養補助剤での補充でも栄養補給が不十分である患者さんや何らかの理由で全く食べる事のできない患者さんには、食材の工夫のみならず、チューブから胃や腸に栄養剤を注入する事や点滴で栄養補給する事など、個々の患者さんに合わせた栄養投与が適切に施行できるように努力致しております。


 現在入院される患者さんのほぼ全員に、入院時と必要時に栄養状態の評価(同時に床ずれに対する予防と対策の評価)をし、すべての患者さんの治療効果を上げるための、「治療」としての「栄養管理」を行うことを目標とし、スタッフ一同励んでおります。
NST、褥瘡対策委員会 勝浦 誉介
プロフィール:昭和59年千葉大学第一外科入局
前のページへ戻る
 
  このページのトップへ  

  個人情報保護法に関して | 職員募集のお知らせ | 交通のご案内 | よくあるお問合せ  
    香取市東庄町病院組合 国保小見川総合病院
  〒289-0332 千葉県香取市南原地新田438番地1 TEL:0478-82-3161(代) FAX:0478-83-3032