国保小見川総合病院  
   
 

ホーム > 月間インタビュー > 月間インタビュー(2008年11月号)

トップページ
病院案内
診療案内
診療科紹介
その他の科、部署
月間インタビュー
月間インタビュー
前のページへ戻る
『義歯(入れ歯)について』 取材: 歯科 歯科医師 田代圭祐
こんな時、義歯が必要です。
 どのような場合に、義歯を修理または新しく作る必要があるのか?

(1)痛みはないが、残っている歯がグラグラして、よくかめない場合。
(2)現在使用している義歯の歯(人工歯)が、すり減って、かみ合わせが不安定な場合。
(3)土手が低くなってきて、現在使用している義歯の適合が不安定な場合。
痛みはないが、残っている歯がグラグラして、よくかめない
 (1)の場合、抜歯をしてから義歯を作製する方法と、先に義歯を作っておいてから抜歯をする方法があります。当科では、かめない期間がないように、後者の方法を積極的に行っております。

義歯の歯が、すり減って、かみ合わせが不安定
 (2)の場合、現在使用している義歯をある程度、かめるようにしてから(仮修理)、義歯作製に入ります。
土手が低くなってきて、義歯の適合が不安定
 (3)の場合、現在使用している義歯をある程度、かめるようにしてから(仮修理)、義歯作製をする場合と、本修理(義歯の内面に盛りたす修理)をする場合があります。後者の方法では、義歯を作らなくても済みます。

 義歯は、歯科治療では当たり前のことなのですが、患者さまにとっては、一大事です。ですから、なぜ義歯をつくる必要があるのか?なぜ新しく義歯を作らなければならないのか?といった不安や疑問に対して、当科では患者さまが納得いくまで説明させていただいております。また、作製後も、しっかりフォローさせていただいております。

 義歯について、不具合や疑問があるようでしたら、お気軽に当科までいらしてください。

 まず患者さまの疑問にお答えしたいと思います。
歯科 歯科医師 田代圭祐
プロフィール:東北大学歯学部卒 千葉大学歯科口腔外科研修
前のページへ戻る
 
  このページのトップへ  

  個人情報保護法に関して | 職員募集のお知らせ | 交通のご案内 | よくあるお問合せ  
    香取市東庄町病院組合 国保小見川総合病院
  〒289-0332 千葉県香取市南原地新田438番地1 TEL:0478-82-3161(代) FAX:0478-83-3032